あまころ

書店アルバイトしている女子大生の読書記録

「よい遺伝子を目覚めさせる」

筑波大学名誉教授、村上和雄氏の心に響く言葉より…
《よい遺伝子を目覚めさせる》

よい遺伝子を目覚めさせる為に実行できる事には、次の六つが考えられます。

1.どんな時も明るく前向きに考える

2.思い切って今の環境を変えてみる

3.人との出会い、機会との遭遇を大切にする

4.感動する

5.感謝する

6.世のため人のためを考えて生きる

■今はまだ眠っている遺伝子のうち、よい遺伝子を目覚めさせる様にすれば、見違える程成長できるに違いありません。

それを左右するのが、前向きなものの見方・考え方をできるか否かなのです。

■おしなべて、素晴らしい業績をあげる人は、プラス思考で人生を考える人です。

プラス思考で考える人は、やみくもに先の事を心配しません。

与えられた仕事に一所懸命になれる素直さを持っています。

それが遺伝子オンで生きる人間の特徴といえる様です。
■自分の身に起きる事は、よい事も悪い事も、何らかの意味を持っています。

その時はどんな意味があるのかはわからないけれど、たとえ悪い事であっても、前向きにとらえて一所懸命に取り組む事が大切です。

よい遺伝子がオンになった状態で取り組むと、結果的にはよい結果に結びつく。

私の経験からはそんな感じが強くします。

 

スイッチ・オンの生き方

スイッチ・オンの生き方

 

 


中村天風師はこう語る。

「運が、向こうから、皆さんのほうへお客の様に来るんじゃないんですよ。

全ての幸福や幸運は、自分がよび寄せなければ来やしないんです。

自分がよび寄せるというのは、自分の心が積極的にならない限りは、よび寄せられないんです。

もっとやさしく言うと、幸福や幸運は、積極的な心もちの人が好きなんですよ」

自分の心が積極的な時だけ、運やツキはやってくる。
心がネガティブの時や消極的な時に、棚からぼたもちの様に、幸運が転がり込んでくる、などという事は、まずない。

ネガティブな時は、心が曇っている。
だから、チャンスがすぐそばまで来ているのに、それを見つける事ができない。

「よい遺伝子を目覚めさせる」

スイッチ・オンの生き方は、運やチャンスがやってくる。