あまころ

書店アルバイトしている女子大生の読書記録

「長生きする秘訣などない」

医学博士、帯津良一氏の心に響く言葉より…

私はアンチエイジングが嫌いです。

なぜ年を取る事を嫌がるのか、よく理解できません。

間もなく80歳に手の届く年齢になりましたが、青年の頃、壮年の頃とも違う独特の味わいが出てきて、私は今の自分がとても好きです。

60代の時は、からだも動くし精神的にも充実しているし、これが最高だと思っていました。
でも、70代になると、中々居心地がいいんですね。

今は、80代になるのが楽しみで仕方ありません。

青年には青年の良さがあり、壮年には壮年の良さがあります。

そして、老年になると、これ迄の人生がきゅっと詰まって、それでいてギューギューではなくて、高級なオムレツのようにふんわりしている。

そんな感じが、私は気に入っています。

髪の毛が薄くなってきても、どこか痛い所があっても、それは長い間、がんばって生きてきた証です。

それを、まるで悪魔が取りついたように、必死になって追い払おうとするのは、自分の体に対して失礼だと思います。

又、死も忌み嫌われるものです。

誰にでもいつか訪れる事なのに、一生懸命に見ないようにしている。

だから、いざという時になって慌ててしまうのです。

長生きしたいですか?

と聞くと、殆どの人がYESと答えます。

でも、長生きの中には年を取る事も含まれていて、色々な所に不具合が出てきて不自由な事を背負う事ですよと言うと、そうではなくて、人の厄介にならずに長生きして、ぼっくりと死にたいと言います。

そんな都合のいいように物事が運ぶと思いますかと聞くと、その為に、酒もあまり飲まないようにして、煙草もやめて、毎朝、散歩をしていますと答えます。

実際は、幾ら節制しても病気になる人はなるし、不摂生な生き方をしていて元気に生きている人もいる訳です。

 

長生きするヒトはどこが違うか?―不老と遺伝子のサイエンス

長生きするヒトはどこが違うか?―不老と遺伝子のサイエンス

  • 作者: S.ジェイオルシャンスキー,ブルース・A.カーンズ,S.Jay Olshansky,Bruce A. Carnes,越智道雄
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 


という本があります。

アメリカの老化を専門とする2人の生理学者が書いたものです。

色々と長生きする方法が書かれているのですが、最後の「長生きするヒトはどこが違うのか?」という結論では、「違うところなんかない」で締められているのです。

これには笑えるというか、拍手を送りたくなりました。
昔から、沢山の人が長寿の方法を求めて、いまだに見つからないのだから、そんなものはないと考えたほうがいいでしょう。

人間、長生きするためには節制しなければならないと思われているが、70歳を過ぎたら、いつも節制をしないで、週に1回は悪食をしたほうがいいと書かれているのです。

75歳になったら週に2回は悪食。

段々と健康的ではない生活を増やしていくのがいいという、中々粋な考えが披露されていました。

あれを食べちゃいけないとか、これはからだに悪いとか、そんな事を考えて生きるのは窮屈です。

私は、凛として老いる事をお薦めしていますが、私が見る限り、素敵に年を重ねている人は、食べたいだけ食べ、飲みたいだけ飲んでいます。

残念ながら、そういう人は少なくて、私は、せっかく70歳とか80歳まで生きてきたのだから、そのご褒美として少しずつ羽目を外して、もっと自由になればいいのにと思えてなりません。

いくら健康に気をつけて生きていても、交通事故や災害で死ぬかもしれません。

あまり、健康、健康と言っているのは、私には、魅力的には見えません。
志を果たすには健康はとても大切な事です。

でも、志を果たせずに倒れたとしても、それはそれでいいじゃないですか。

本当に命がけでやっていた事なら、必ず、誰かがその志を引き継いでくれるものです。

あっちの世界から、自分が蒔いた種が、どんなふうに育っていくのか見ているのも、またおつなものです。

 

粋な生き方 病気も不安も逃げていく「こだわらない」日々の心得

粋な生き方 病気も不安も逃げていく「こだわらない」日々の心得

 

 


仏陀は、人には4つの逃れられない苦があるという。
それが、「生・老・病・死」。

人は、この世に生まれたら、必ず、老い、病にかかり、そして死ぬ。

仏教では、自分の思い通りにならない事を「苦」という。

思い通りにしようと思うから、悩んだり、心配したり、嫌になったりする。

思い通りにならない事が常である、と思い定める事ができるなら、いい事も悪い事も、全てを肯定し受け入れる事が出来る。

『起こることはすべて必然、必要』(船井幸雄)

一見不幸に見える事も、ベストのタイミングで起こっている。

全てを受け入れ、粋に生きてみたい。