「神様が“ひいき”したくなるような人」

人材教育家、井垣利英氏の心に響く言葉より…

チャンスというものは人にいただき、自分でつかむものです。

ぼんやり待っていてるだけではチャンスはやってきません。

「棚からぼたもち」なんてないのです。

では、チャンスをつかむ為にはどうしたらいいのでしょうか?

その為には、自分を導いてくれる人、自分よりも上にいる人に可愛がられる事が必要です。
これがない限り、チャンスなんて絶対に来ません。

「チャンスが来ない」と言っている人は、この肝心な「上にいる人に可愛がられる努力」をしているでしょうか?

その努力をしていないのに、チャンスを貰えるはずはないのです。

ここをわかっていない人が沢山います。

もし不平不満があるのならば、まず上の人に可愛がられる努力をして下さい。

この努力というのは、ゴマをすることではありません。
上にいる人ほど、「ゴマをすられている」と分かりますから、そんな事をしても意味はありません。

可愛がられるという事と、ゴマをするという事は全く違います。

ここを間違えないでください。

いくら自分で「能力がある」と思っていても、チャンスをくれる人が認めてくれなければ能力がないのと同じです

これはすごく重要な事です。

では、どうしたらいいのかという事ですが、人から認めて貰う為には、仕事に役立つ勉強と、可愛がられる努力の二つをする事が大切です。

どちらか一方ではダメです。

二つともやってくださいね。

仕事の神様が“ひいき

仕事の神様が“ひいき"したくなる人の法則

 

 


もし、自分が神様だったらどんな人を「好きになる」か、「ひいき」するかを考えてみる。
空の上から俯瞰(ふかん)して、人々をじっと見るのだ。

神様からひいきされる人は、いつも明るい「笑顔」があり「文句や愚痴を言わない」、「使う言葉が前向きで肯定的」、「可愛げや愛きょうがある」、「向上心があり勉強熱心」、「感謝が多い」、「楽しそうに生きている」人たちだろう。

この反対の「いつも仏頂面(ぶっちょうづら)」で、「文句や愚痴が多く」、「否定的なことばかり言う」、「不機嫌」、「なげやりで勉強嫌い」、「不平不満・悪口・泣き言が多い」、「つまらなそうに生きている」ような人は、神様から可愛がられない。

人間世界も同じだが、上からじっと見ていると、可愛がられる人か、可愛がられない人かはよくわかる。

自分しか見えていない人は、自分が一番がんばっていて、苦労していると勘違いしている。
そして、自分のことしか言わない。
神様が“ひいき”したくなるような人になりたい。