あまころ

書店アルバイトしている女子大生の読書記録

「幸せの道」

斉藤一人さんの心に響く言葉から…「地球に生まれて幸せ」って言うと、地球が喜んでくれます。「日本に生まれて幸せ」っていうと、日本が喜びます。「この会社に入れて幸せです」っていうと、社長が喜んでくれます。「みんなと働けて幸せ」って言うと、同僚が…

「人に喜びを与えるということ」

植西聡氏の心に響く言葉より…アメリカに、大富豪になったA氏という人がいました。彼は、若い頃に事業を起こし、成功しました。それからは、数々の会社を乗っ取り、事業を拡大していきました。そしてついに、地位、名誉、財産の全てを手に入れたのです。しか…

「自分の笑顔が先」

小林正観氏の心に響く言葉より…これまでの人生で12万件の人生相談を受けてきました。今迄は、自分の問題の相談事が多かったのですが、最近は、他人の問題を挙げる人がとても多くなりました。他人の問題とは、「夫が…」「妻が…」「姑が…」「舅が…」「子どもが…

「面白いことが起きたぞ!」

斎藤一人さんの心に響く言葉より…《困った事が起きたら「面白い事が起きた!」と言ってみな。奇跡が起きるから。》人間を「成功に導く階段」があります。それは「困った事」なんです。「困った事」が起きた時は、「困ったなぁ」って言わない事。何故なら、階…

「猛烈に腰が低い人」

ヤマト運輸の、小倉昌男氏の心に響く言葉より…「偉い経営者」とはどういう人の事を言うのだろうか。会社を急成長させた人、新しいビジネスを創造した人など、世間的に「偉い」と思われている経営者は大勢いる。しかし私がこれまでつきあってきた経営者の中に…

「美しい言葉と沈黙」

渡辺和子氏の心に響く言葉より…美しさは女の生命だともいえる。修道院に入った身に着飾る事も、化粧する事も縁遠くなったが、美しい言葉を使う事はできる。それは、「あそばせ」、「ございます」を頻発する事ではなくて、できるだけ美しい響きを持った言葉を…

「三日会わざれば」

松下幸之助氏の心に響く言葉より…幕末の頃、土佐の檜垣清治(ひがきせいじ)という人が、その頃土佐で流行していた大刀を新調し、江戸から帰ってきた坂本龍馬に見せたところ、龍馬は、「貴様はまだそんなものを差しているのか。俺のを見ろ」と言って、やさし…

あらゆることに興味を持つ

リチャード・テンプラー氏の心に響く言葉より…「今、新たに世界で起こっていることを知る」…今日からこれを自分の使命としよう。時事問題、音楽、ファッション、科学、映画、食べ物、交通手段などなど、とにかくあらゆる事に興味を持つようにしよう。最新の…

「笑いがわかる人になれ」

櫻木健古氏の心に響く言葉より…ユーモア精神を身につけよ、とは、必ずしも、ジョークをポンポン飛ばしたり、ユーモア・パフォーマンスをなしたり、といった事だけを指すのではない。これらはむしろ二義的な事、あえていえば、どうでもいい事である。第一義的…

「行くところ、行くところを気分よくする」

斎藤一人さんの素敵な言葉から会う人会う人を嫌な気分にさせるか気分よくするかで人生は変わりますそば屋さんに行ったらオレのほうが客だからとえらそうな顔をする人がいるけど、それが違うのお水をもってきてもらったら、「ありがとう」おそばをもってきて…

「声に出すこと」

藤木相元氏の心に響く言葉より…外国語を習得する秘訣は、とにかく声に出して音読する事だ、とよくいわれます。これは、はっきり口で発音する事によって、その響きが五感を通して脳に伝わり、言葉の意味やニュアンス迄まるごと脳に刻みこまれるからです。“体…

「肯定的な言葉のフルコース」

斉藤一人さんの心に響く言葉より…あなたは毎日、心に栄養を与えていますか。心はどうしたら力強くなれるのか。それが、肯定的な考え方です。肯定的な言葉です。肯定的な言葉のフルコースで、あなたの手に、足に、頭に、そして、魂に栄養を与えるのです。夏の…

「自分が今、手にしている物に目を向ける」

綾小路きみまろ氏の心に響く言葉より…その昔、オーストリアに、エリザベートというそれは美しい女性がいたそうです。貴族の娘として生まれたエリザベートは、やがて皇帝に見初められ、16歳でオーストリア皇后となります。ところが生来の自由人気質から、堅苦…

「理不尽度の高い現象」

小林正観さんの心に響く言葉より…色んな所で、色んな事が起きます。偶々不運だな、運が悪かったなと思う様な事もあります。しかし宇宙の法則をよく見てみると、不思議な事に気がつきます。この不運だったと思える様な現象からほぼ半年以内に、それと同じくら…

「最終判断は自分」

小林正観さんの心に響く言葉より…中村天風という人がいました。この方は、自分でガンを克服した人で、「心というものをきちんとコントロールすれば、ガンをも克服する事ができる」と唱えました。その教えを受けた人というのは、政治家や財界など、日本の指導…

「しあわせおんちな人」

斎藤一人さんの心に響く言葉より…私は会社に行くと必ず「ご苦労さん」とか「ありがとう」ってみんなに言うの。それでお茶を出してくれたら、また「ありがとう」なんだよ。社長にお茶を出すのは当たり前じゃないんだよ。それと同じで、旦那さんが給料を持って…

「飲んでも飲まれず」

櫻井秀勳氏の心に響く言葉より…あくまでも一般論ですが、静かな男とにぎやかな男のどちらが、大勢の人にかわいがられるかといえば、間違いなくにぎやかな男でしょう。上の立場からすると、静かな男では、心が“正気分”になりにくいからです。正気分とは「友人…

「感受性を磨く」

松下幸之助氏の心に響く言葉より…「大きな成功や失敗だけが経験ではない。平穏無事な一日にも心して省みれば、貴重な体験が随所にある」「経験というものには、大きな経験、中くらいの経験、小さな経験と三つの種類があると思うけどな、しかし、君、経験その…

人が最後に「幸せだ」と言える生き方

ホスピス医、小澤竹俊氏の心に響く言葉より…たとえ、それまで後悔の多い日々を過ごして来たとしても、最後に「自分の人生は幸せだった」と思う事が出来れば、人は穏やかな気持ちでこの世を去る事が出来ます。では、人が最後に「幸せだ」と言える生き方とは、…

「感謝を見出すことができる人」

小林正観さんの心に響く言葉より…松下幸之助さんは、パナソニックがまだ小さい会社だった頃、自らが採用の面接をする時に、「あなたは自分が運のいい人間だと思いますか?」と質問して、「自分は幸運だ」「ラッキーだ」「ツイてる」と答えた人だけを採用した…

「話し方のコツは軽薄短小」

田中真澄氏の心に響く言葉より…普段から、物事を前向きに明るく受け止め、どんなことからも学ぶ姿勢を維持している人の話は、聴いていて、もっと聴きたいという気持ちになるものです。それには四つの要領があります。それを「軽薄短小」と覚えて、話に活かし…

「挨拶行」

立花大敬氏の心に響く言葉より…サッカー元日本代表監督の岡田武史さんの母校の早稲田大学での講演の記録の一節に挨拶することの意味が語られていて、「なるほど!」と思いました。それによりますと、「挨拶とは、僕は君という人間が僕の世界(心)に存在する…

「身体にお礼を言う」

小林正観さんの心に響く言葉より…私達は、人によって違いますが、1日に5時間とか8時間の休息をとります。それから「週休が欲しい」「月の休みが欲しい」「年の休みが欲しい」と言います。でも、人間の臓器は、全然お休みをしていません。勿論、夜も寝ていま…

「タテヨコ不変の法則」

小林正観さんの心に響く言葉より…《「10年経っても20年経ってもどんな時でも(タテ)年上、年下に対しても、(ヨコ)誰に対しても、同じ笑顔、同じ丁寧さを保ち続ける事」。それが「タテヨコ不変」の意味。》「タテヨコ不変」とは人格向上の為の第一歩です。「…

「本物人間のチェックリスト」

船井幸雄氏の心に響く言葉より…《本物人間のチェックリスト》本物人間のチェックリストとは、次の10項目です。1.自慢しない、謙虚である2.否定しない、欠点を指摘しない、悪口を言わない3.自他を同じように見ることができ、行動できる4.周りを蘇生化し、…

「責任感を生み出す方法」

カート・モーテンセン氏の心に響く言葉より…自分の行動に不安を感じていても、それを人前で言えばその行動を最後まで一貫してとり続ける強い動機になる。例えば、結婚を申し込まれて「イエス」と言えば、そこに自分の言葉への責任が生まれる。さらに、婚約を…

「運や偶然を味方にする」

多くの人が、大金持ちになるのは例外なく才能があり、勤勉で、社会的生産性の高い人達だと主張する。だが、それは言い過ぎではないだろうか。口パクの男性アイドルグループや、世界経済を滅茶苦茶にしながら大金を稼いだデリバティブのトレーダーの事を考え…

「人間の機能(役割)は、喜ばれた数だけ存在する」

小林正観さんの心に響く言葉より…コップの機能を考えてみます。お湯を溜める、水を入れるなど2つの機能があります。新幹線を考えてみると、物を運ぶ、人を運ぶなど2つの機能があります。機能というのは、つまり役割という事です。その役割を幾つ果たせるのか…

「500億円よりも価値のあるもの」

西沢泰生氏の心に響く言葉より…鳥取県に「野の花診療所」というホスピスケアの診療所があります。この診療所の所長で、エッセイストでもある医師、徳永進さんがまだ勤務医の頃、不治の病にかかっている1人の患者さんにこんな質問をしたそうです。「死ぬ前に…

「今日は、楽しいね」

伊藤淳氏の心に響く言葉より…ひすいこたろうさんという方が書かれた『3秒でもっとハッピーになる 名言セラピー+(プラス)』という本の中に、実に興味深い“名言”が紹介されていました。ある職場において、美人でも若くもないのに不思議な魅力をもった女性が…